クレーターを治療しよう|コンプレックスを排除

女性

大きな瞳になろう

施術

ちょっとの手術で大きな瞳

目は、顔の印象を決めるパーツです。最近の流行は、大きくぱっちりした目なので、一重まぶたの小さな瞳だとコンプレックスに感じる人も多いです。外見に対するコンプレックスは、自信を失わせるもとなので、美容整形で解消すると良いでしょう。 最近では、プチ整形が流行しています。プチ整形は日帰り手術が可能で、体にほとんど負担がかかりません。値段もお手頃価格で、若い女性であっても挑戦しやすいです。ほんの少し、まぶたに糸を入れるだけで、顔全体の印象がガラッと変わり、自信につながります。勇気を出して、まずは美容整形外科の門を叩くことが大切なのです。 美容整形外科は、東京や大阪などの大都市に集中しています。とりわけ質の良い医師は、患者の数が多い東京や大阪に集まる傾向にあります。そこで、関東圏であれば東京の病院に、関西圏であれば大阪の病院に行くのが正解です。東京や大阪の病院は最新機器をそろえていることもあり、安心して施術を任せられます。美容整形外科で施術をした後は、負担がかからないように、どのように生活したらよいかアドバイスを受けることが大切です。

施術方法に注意する

目を大きくするための整形手術には、いくつか方法があります。まず、一重まぶたを二重にする埋没法です。これはプチ整形に該当するもので、まぶたに糸を入れる簡単な手術です。この方法では、まぶたの形を変えることができますが、目の大きさ自体を変えることはできません。 そこで、目頭切開という方法があります。これは、目頭を切って目の幅自体を大きくする手術です。メスで切り開くため、手術後、一定期間は傷が残ります。肌に負担がかかるため、しばらくの間はメイクを避けた方が良いなど、いろいろと注意が必要です。 そのほか、さらに目の大きさを大きくするために、目尻を切開する方法もあります。目頭と目尻の両方を切開すると、かなり大きくすることが可能です。ただし、顔全体のバランスを見ながら、大きさを調整する必要があります。美とはバランスですから、目を大きくすればするほど美しくなるのではないことに注意しましょう。 美容整形外科医は外科医としてのプロであると同時に、美の専門家でもあるため、目の大きさを決めるときには適切なアドバイスをくれます。